当院はコロナウイルス感染予防に 下記の通り取り組んでいます

 

 

厚生労働省より、はり・灸院は、国が指定する営業を自粛する業種より除外されており、国民の健康を守り保持する病院、クリニック、薬局等と同等扱いになっております。

 

そこで、当院は、上記に恥じないよう、感染防止策として次のように取り組んでおります。

 

 

 

1、    微熱のある方、セキのある方は施術をお断りしております。

 

2、    来られたら、手指のアルコール消毒をして下さい。

 

3、    院内では、施術中もマスク着用をお願いします。

 

4、    施術ベットのカバーはアルミシートに変えて、アルコール消毒を毎回行っております。

 

5、    ベットに寝られた際、上にかけるバスタオルは毎回新しいものと取りかえております。

 

6、    胸元には、バスタオルをおかけしません。ただし寒いと感じられる方は、おかけ致しますので、申し付けて下さい。

 

7、    マクラ、脱衣カゴなども毎回アルコール消毒をしておりますので、ご安心下さい。

 

8、    その他、ドアノブなど皆様が手に触れる場所などもアルコール消毒を行っております。

 

 

 

  重ねてお伝え致します。当院では

 

 

 

  窓を開け、空気清浄機により密閉しないようにしています。

 

  患者様同士の接触をさけるため、予約の間隔を今まで以上に開けて、注意して密集と密着にならないようにしております。

 

 

 

当院の施術は、コロナウイルス感染に負けないからだ作りを目指しております。皆様のお役に立てるよう努力しております。宜しくご協力のほどお願い致します。 

 

 

 

患者様へ 緊急事態宣言におけるあはき業に対する厚労省の回答

 

   厚生労働省は、鍼灸の業団に対し、「あ・は(り師) ・き(ゅう師)業は、停止業種にはならない」と、回答しております(以下通達文参照) 。
   私はこの回答を、国民の健康と公衆衛生に寄与してくださいという、メッセージだと受け取りましたので、鍼灸師としてそれに応えるべく、これまで通り、みなさまの健康を守れるように、新型コロナウイルスの脅威を予防できるように、より一層衛生管理を徹底して治療に当たらせていただきます。 ご来院の際にはマスクの着用を宜しくお願い申し上げます。
 
   新型コロナウイルス感染症に対する日本鍼灸師会の考え方
   ~緊急事態宣言を受けて~
    令和2年4月10日
    公益社団法人日本鍼灸師会
    会 員 各 位
    公益社団法人日本鍼灸師会
    会 長 小川 卓良
    危機管理委員長 矢津田善仁
 
   令和元年12月に中国湖北省周辺で発生した新型コロナウイルス感染症は、全世界的かつ急激な勢いで感染者数が増加し、欧米では医療崩壊の危機となっているところも少なくありません。我が国でも大都市を中心に感染が拡大する傾向にあり、4月7日には7都道府県に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令されました。
   緊急事態宣言下では、不要不急の外出自粛や様々な業種の業務停止を要請されていますが、「対策ガイドライン」(平成30年6月21一部改訂版)のⅣまん延防止に関するガイドライン81ページに掲載されている施設が自粛要請の対象となっており、
鍼灸施術所においては自粛要請の対象とされていません。
   会員の皆様には、日鍼会危機管理委員会より発出した「新型コロナウイルス感染症に対する対応と感染対策」および「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」を参考にしていただき、平時以上の衛生管理と感染拡大防止に努めていただきたいと思います。
   また、このような状況下では、身体活動や社会活動の制限により、生活不活発病やうつなどの様々な健康不安が増加してくることが予想されます。皆様には、鍼灸施術を通じて、国民の健康維持、増進にますますご尽力いただけるようお願い申し上げます。

 

ご来院の際にはマスクの着用を宜しくお願い申し上げます。

 

 


 

当院のコロナ感染予防対策に ご理解とご協力をお願いします。

1、発熱のある方はご遠慮ください。

2、手指消毒をお願いします。

3、待合室では、他の患者様との間隔を1,5m開けてお待ちください。

4、マスクは常に着用してください。治療中もお願いします。

5、空気の入れ替えのため、待合、治療室ともに窓を開放していますので室温が不安定な時がありますがご了承願います。

6、特に待合は空気清浄機を使用しています。

 治療室内 

7、治療室内は常時換気扇で空気の入れ替えを行っています。          

8、以前から患者様一人ひとりを大切にとの考えから、患者着を着用していただいております。他の患者様との接触はまずありません。ベットはアルミシートを使用して、毎回消毒用アルコールにて拭いて万全を尽くしています。

9、マクラカバー、タオルケットなど洗濯した物と毎回取り替えております。

10、私達スタッフは、ベッドを移動するたび手指の消毒を必ず行っております。ご安心ください。

 

 来年初めには、ワクチンの使用が始まるとのこと。それまでの間、お互いにできる限りの予防を行いましょう。

 

 お陰様で当院に関係する人達からは、コロナに関する悪い情報はまったくありません。皆様方のご協力のお陰であると感謝いたします。