院長のブログ

ホームページがリニューアル!!

 ホームページが新しくなりました。

 皆様に宮脇鍼灸院の情報をお知らせします。                                              

 先週10月9日(水)南米アルゼンチンより鍼灸学校の校長と医師の2名が当院に研修にきました。       

 学生に日本鍼灸を学ばせたいとのこと。                                                                                                                       

  森ノ宮医療専門学校の推薦によります。                                                                                                                 

 12日(土)オーストラリアから友人の中桐朋子・ラルフの夫婦が来院。                                                        

   治療と研修をおこないました。                                                                                                                                        

 ラルフはカゼをひいてせきがひどかったのですがよくなりました。                                                                         

   10月15日(月)  両足先のビリビリ感。医師の診断では腰のヘルニアとのこと。                                      

 3回の治療でビリビリ感は半分くらいに軽減している。                                                                                        

 女性 昨日衣替えをして、お通夜に行ったため今日は体がだるいとのこと。                                                    

   治療のあとはだるさが取れスッキリしたという。                                                                                                     

 女性 頭痛、吐き気、肩こりがあり辛いという。                                                                                                       

 治療後は諸症状もとれ、笑顔で帰られた。


当院の鍼とお灸は、どんな症状に効果があるの?

 頭が痛い、頭が重い、首の後ろが痛い、こめかみが痛い。                                                                                    

  脳梗塞・脳溢血などの後遺症、半身マヒなど相談に応じます。                                                                          

   めまい、吐き気、動悸、胸いきれ・胸が苦しい。                                                                                                   

  電車や車に乗れない、不安感、恐ろしい怖いなど。                                                                                              

   目が見にくい、目が疲れる、物が二重に見える、涙目、麦粒腫(ものもらい)、

 仮性近視、そのほか目に関するトラブル。        

  鼻水、鼻つまり、鼻水が喉に流れる、副鼻腔炎など鼻で困っている方。                                                             

 特に花粉症の方はご相談ください。                                                                                                                           

  口内炎、唇のトラブル。                                                                                                                                                

 顔を綺麗にしたい方、小顔になりたい方、ご相談ください。                                                                                  

   肩がこる、肩が痛い、肩がだるい、肩関節が動かないなど。                                                                               

  背中が痛い、背中がこる、肩甲骨の周りが痛い。                                                                                                     

 腰が痛い、腰がだるい、腰が動かない、腰のトラブルなんでも相談してください。                                        

 足が痛い、股関節が痛い、膝が痛い、膝が曲がらないなどのヒザの悩みをお聞かせください。                  

   このほか、からだのトラブルについてなんでもご相談ください。


宮脇鍼灸院の助手だった中野正得氏がアメリカ・サンタフェでのseminar報告です!

 “アメリカまで飛んできてくれませんか?”                                                                                                                  

  2月中旬、一通のメールが届きました。                                                                                                                    

   差出人は、アメリカ、ヨーロッパにおいて30年以上に渡り、古典派鍼灸の普及啓発に尽力されている桑原浩榮先生(ニューイングランド  鍼灸大学 助教授|Hari Society 会長)。                                                         

「2019年10月-2020年3月にかけてニューメキシコ州サンタフェで開催する、『はり臨床 家プログラム』に講師として是非参加して欲しいと考えています。                                                                                                    

10月13日-14日のモジュール1で、経絡治療の基礎講義、実技指導、そして、臨床体験を中野先生にお願いしたいのです。                                                                                                                                                                    

「アメリカまで飛んできてくれませんか?」 このしびれるような依頼に私の返事はたったひとつ「イエス!」

 桑原先生のお話では、メイドインジャパンの小児はりや接触鍼は、世界のスタンダードになるべきで、アメリカではポピュラーになりつつあり、州によっては鍼と言えば脉診流経絡治療とのこと。                 

患者のニーズに合わせて当然のことながら欧米の鍼灸師は、日本の伝統的な鍼灸を、一鍼毎に検脉して刺鍼の良否と適否を綿密に観察しながら進める脉診流経絡治療をより深く学びたいと渇望しているとのことです。                                                                                                                                                                               

    これが世界の潮流です。                                                       ということで、今アメリカはロサンゼルス経由、アルバカーキからサンタフェに来ています。                  

 この二日間で、 1.脉診流経絡治療 2.異種金属圓鍼ユニット治療 3.宮脇奇経治療 をお伝えします。          

アメリカ人鍼灸師の先生方の期待に応えられるように精一杯頑張ります!


 桑原先生、桑原先生のお嬢さんの杏奈ちゃんは日本で鍼灸を学ぶため、森ノ宮医療大学に入学しましたが、私の授業を選択してくれま した。                                           

 大学卒業後は、アメリカに帰国して、今はニューイングランドの鍼灸学校で勉強しているとのことで、教え子と久々に再会できて嬉し かったです。                               

 はり臨床家プログラムでは、私の講義実技の通訳をしてくれます。                            

 心強いです。   

 そして杏奈ちゃんと同じ鍼灸学校に通うサム君めちゃイケメン。                

 途中から、HightDesertHariSociety会長のアーランド博士が合流。                  

 アーランド博士もこれまたイケメン。  そして優しい。                                 

 みんなで楽しいひとときを過ごせました。                                             桑原先生とアーランド博士は、9時からはり臨床家プログラムの指導があるため、8時30分にお二人と受講生のサム君をお見送りし、杏奈ちゃんと妻と僕はもう少し残ってコーヒーを飲んだりしてゆっくりさせていただきました。                                                           その後、明日からのはりプログラムに万全を期して臨めるように、時差ボケ解消を兼ねて3人で観光をしました。                                                            杏奈ちゃん案内してくれてありがとう。                                              サンタフェは観光地として有名で、中でも人気なのがインディアンが創るアートワーク。                

 それを街の広場の路上で広げて売っているコミュニティーが幾つもあり、順番に見て回りました。       

 ハンドメイドで、どの商品も魂がこもっていました。                                             サンタフェの旗が彫られたギターピックを売っている露天があり、6弦と4弦を嗜む弟にいいお土産が買えました。                                                             3人でランチしたりカフェしたりして、話題のテーマパークへも行き、あっという間に時間が過ぎました。  

17時30分に、はり臨床家プログラムを終えられた桑原先生、アーランド博士と、彼らのお仲間と合流して、アーランド博士お勧めのメキシカン料理のレストランへ連れていっていただきました。             

 道中の景色が本当に砂漠で自然のサボテンがあり、アーランド博士が主宰する北米はり協会が『The Hight Desert Hari Society』でなるほどと思いました。                                        

 日本料理のような緻密な味付けでとっても美味しかったです。                                   食後のコーヒーにテキーラが入っているのを知らずに一気に飲んだら少し酔っぱらってしまいましたが、鍼灸の話に花を咲かせ、楽しい時間を過ごさせていただきました。                                

 アーランド博士が日本語で、「いただきます」「乾杯」「ごちそうさまでした」を発声してくださり感銘しました。                                                           本当に、日本伝統鍼灸を、そして私たち夫婦に敬意を払ってくださっているのが伝わりました。         

 気配り目配り心配りは万国共通ですね。                                            もちろん、ホテルに送り届けてくださった際も、「楽しかったですか」「おやすみなさい」と気づかってくださり、解散しました。                                                   僕も英語を話せるようになりたいと強く思いました。                                      そしてなんと言っても、彼のような日本的な、ひょっとしたら日本人より日本人かもしれない精神を持つ鍼灸師として、脉診流経絡治療の指導者として育て上げられた、桑原先生の功績たるや地球上のいかなる賛辞の言葉を以てしても足りません。                                                それぐらい凄いことです。                                                         30年前に、『Hari Society』を立ち上げ、アーランド博士が会長を務める『The Hight Desert Hari Society』を始め、今では全米9都市に支 部協会があるそうです。                                   

 ここまでの来るのに決して平坦な道のりではなかったことでしょう。                                 言葉も通じない国で、それは想像を絶するご苦労があったと思います。                              私のような者でさえ、日本鍼灸を代表して心より敬意を表さずにはいられません。                          いよいよ明日から始まる中野のプログラムでは、桑原先生やアーランド博士のご期待に応えられるように、受講生の先生方の臨床の一助になれるように精一杯務めさせていただきます。


SAT,OCTOBER,12 私が担当するモジュールの二日間が始まりました。                            本日のプログラムは、  1.(一社)東洋はり医学会関西方式の脉診流経絡治療×中野の臨床のデモンストー  レション。                                                          2.宮脇優輝先生考案×イトーメディカル社製異種金属圓鍼の臨床運用。                                  3.本治法トレーニング。                                                   プログラム1.では、アーランド博士を模擬患者に、主訴の膝痛とお腹のはりに対して、治療室さながらの診察診断から治療終了までを実技解説を交えながら行いました。                                     証は肝虚脾実証、適応側は左。 左曲泉を補い、右陰陵泉と右懸鐘に枯に応ずる補中の瀉法で本治法を行うと膝痛は消失。                                                       すると早速質問が、「肝の母経の腎経の陰谷はどうして補わないのですか?」  「本証の肝経の曲泉を補うと肝の脉が充実しました。                                                 だけでなく腎の脉までもう鍼を しなくてもよいくらいまで充実したので、腎経の陰谷は補いませんでした。水が満タンになったコップにさらに水を注げば溢れてこぼれるでしょう。」と説明するとなるほどと 納得してくれました。                                                     杏奈ちゃん上手に通訳してくれてありがとう😉👍🎶  後は、お腹のはりが少し残るというので、補助療法は宮脇奇経治療。                                                        宮脇奇経腹診®より衝脉と足厥陰脉と診断、公孫-内関と太衝-通里にテスターを貼るとお腹のはりが軽減。  宮脇優輝先生考案無熱灸で、主穴に10壮、従穴に6壮奇経灸。                                  うつ伏せになっていただき、宮脇優輝先生考案、イトーメディカル社製銅×アルミ× チタン圓鍼を用いた異種金属圓鍼ユニット治療で背部調整。                                              最後に止め鍼をしてドーゼを調節し、セーブ鍼をして終了。                                   アーランド博士の笑顔が見れて良かったです😊  受講生の先生方は、診察に入る前に行ったTポイントと脈会に興味津々でした😲  プログラム2.では、異種金属圓鍼ユニット治療の実技解説、デモ、そして実際にみなさんにやってもらいました。                                                初見にもかかわらず、直ぐにマスターされ、大変驚きました。                                   とっても、素直で、飲み込みが早く、積極的で、自主的に取り組んでくれました。                           プログラム3では、証決定~本治法までをやりました。                                      受講生の先生方から、「四診の前にTポイントと脈会を使ってもいいですか?」と質問があり、良いものは早速取り入れようとする積極性に感銘しました。                                          正に“議論に非ず実行”です。                                                  適応側の判定も、①基本の病症に偏りがあれば健康側を本証に副証を患側に、②偏りがなければ男は左本証右副証、女は右本証左副証、③それ以外に応用編があること。                                        そして、確認の方法として、脉の変化や患部の変化をモニターして判定できることを、伝え、実際に見せてあげると、「それはいいことを聞いた」とばかりに、全班で実践されました。                                しかも、変化がよくわかるみたいです。                                            なんなんだろう、彼らの素直さは!  なるほど、上達が早いはずです。                                 ひとえに、桑原先生のこれまでの指導がいかに素晴らしいかを物語っています。                          鍼の技術だけでなく、鍼灸師としての精神まで、浸透させておられるのです。                          尊敬しかありません。                                                     指導たるとはなんなのかを学ばせていただきました🙇  正に“教えることは教わること”です。                      9時~17時30分までと長丁場でしたが、あっという間に1日目が終わりました。                          ありがとうございました🙇  明日は宮脇奇経治療です。                                     どうぞお楽しみに✨


SAT,OCTOBER,13                                                               本日のプログラムは、 1.宮脇奇経治療デモンストーレション。                                 2.八総穴×宮脇スーパー4の取穴。                                                  3.宮脇奇経腹診。                                                       4.宮脇奇経治療までを取り入れた本治法トレーニング。                                       初学者の方のために、または経験豊富な先生方には復習を兼ねて、宮脇奇経治療の概略を説明しました。  奇経治療はアメリカでもポピュラーな治療法で、様々な流派があるそうです。                    アメリカでHariと言えば経絡治療のように、奇経と言えば宮脇奇経治療、こちらでは『Miyawaki EV Style』と呼ばれているそうです。                                                   プログラム1では、桑原先生を模擬患者にデモンストーレションを行いました。                               桑原先生、模擬患者になっていただきありがとうございます🙇                                    プログラム2では、八総穴×宮脇スーパー4の取穴を行いました。                                      みなさんに座って並んでいただき、順番に1穴ずつ印をつけていき、モデル点を確認していただきました。 また、後谿や公孫など、取穴部位が変更になったツボを杏奈ちゃんをモデルにみなさんに確認していただきました。                                                              人生であれだけ公孫を触られることはそうそうないかも💦っていうぐらい足を貸してくれてありがとう🙏 プログラム3では、宮脇奇経腹診の場所と押さえ方を実習しました。                                   二人一組になってもらい、八脉×宮脇スーパー4×三変法の計15パターンの腹診を確認してもらいました。  先ず僕が押さえて、杏奈ちゃん仕込みの「about this match(これくらい)」「please coach himまたはhar(彼、彼女に教えてあげて)」で、場所と押さえる加減をペアに伝えてもらう方式で、モデルの体と術者の手に覚え込んでいただきました。                                                  プログラム4は、二日間の総まとめとして、より臨床に即し、宮脇奇経治療までを取り入れた本治法トレーニングを3人一組の小里方式で実習しました。                                             やはりここでも、議論に非ず実行が彼らのスタイル。                                      私たちこそが見習うべき、学ぶ者の姿勢を魅せていただきました。                                      Tポイントで、大地の気を取り入れやすくし、脈会を補って脉とお腹を診やすくした上で、四診に入ってくれました。 証決定もほとんど正確に取れていました。                                       適応側も基本をベースに、本当に体が変化する側を確認して判定してくれました。 本証を補ってマニュアル的に母経を補うのではなく、適否を確認して、班員でディスカッションして、次に鍼を入れる経絡を確認して本治法を進めてくれました。                                                 その後の奇経も腹診と病症の変化を確認しながら臨床的に行ってくれました。                         こうして、中野のモジュールは無事に終了となりました。                                     受講していただいたみなさま、みなさんのお陰でアメリカが大好きになりました。                          みなさんの熱意に感動しました。                                                  その熱意にもっともっと応えられたんじゃないかと反省の念は消えませんが、快く迎えていただき感謝申し上げます。                                                                脉診流経絡治療を、宮脇奇経治療を愛していただきありがとうございます。                              桑原先生、まだまだ未熟者の私に、お声をかけてくださり、ありがとうございます。                         このような機会を与えていただき心より感謝申し上げます。                                     今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます🙇                                   アーランド博士、あなたの気配り目配り心配りのお陰で、なに不自由なくサンタフェの町を満喫することができました。                                                           まさか20年前、まだ私が助手時代に、宮脇鍼灸院にたった一人で見学に来られたのがあなただと知ったときには驚きました。                                                         あなたはニューメキシコで、私は大阪で、お互い会を率いることになるだろうとは、あの時は夢にも思いませんでしたね。                                                         アメリカに呼んでくださりありがとうございます。                                             杏奈ちゃん、二日間通訳をしてくれてありがとう。                                         教え子に再開できることほど嬉しいことはありません。                                     あなたは私の英語の先生です。                                                    ランディーさん、イトーメディカル社製異種金属圓鍼の販売をお手伝いいただきありがとうございました。 アラスカまで気をつけてお帰りください。                                              そして何といっても宮脇先生です。                                              アメリカでは全く無名の私に受講生が集まってくださったのも、宮脇の名前のお陰です。 TheHightDesertHariSocietyのホームページでは、このように紹介されていました。         「Nakano Masanari Sensei, from the Toyohari Kansai group, has been an apprentice to Miyawaki Yuki Sensei and has much clinical wisdom to share with us from the Toyohari Kansai style as passed down from Fukushima Kodo through Miyawaki Yuki Sensei. Nakano Sensei will demonstrate and teach his approach to treatment which includes “Super Extra Vessel” and En-Teishin treatment with further instruction in the application of Nakano Sensei’s Toyohari Kansai style treatment approach.                         |東洋はり関西グループの中野正得先生は、宮脇優輝先生の弟子であり、福島弘道から宮脇優輝先生に受け継がれた東洋はり関西スタイルから私たちと共有する多くの臨床的知恵を持っています。              中野先生は、スーパーエキストラベッセルや圓鍼治療を含む治療へのアプローチをデモンストレーションし、教えます。                                                      中野先生の東洋はり関西スタイルの治療アプローチの応用をさらに指導します。」                        “宮脇優輝先生の弟子”これが全てです。                                               先生のお名前で集まっていただけたようなものです。                                      あらためまして、感謝申し上げます。                                            今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます🙇                                        最後になりましたが、桑原先生、アーランド博士、The Hight Desert HariSocietyの先生方、Advanced Clinical Applications of Hariの残りのモジュールのご成功をお祈り申し上げます🙇


10月17日(木)の患者様より

子宮筋腫の治療 私の治療法は、患者様の回復力を旺盛にさせる治療です。                全身に張り巡らさるている経絡のバランスを整える方法で、奇経というルートをつかいます。       これはすぐ効果があります。                                    これはご自分の家でお灸をしていただく方法です。                            筋腫の周囲には、温かさの来る程度の温灸をします。                          するとみるみる小さくなります。                                 この方法を継続しますとよくなっていきます。                             足がビリビリとシビレるという男性 15日に報告しましたが、たいへんよくなられていました。     五臓のバランスを脈診と腹診など東洋医学独特の診察法で証(あかし)(西明石の隣の明石駅ではありません)を決めて治療をします。                                     すると自然治癒力がたかまり、自分の力で良くなっていくのです。                    アトピー性皮膚炎の患者様 45歳 女性 治療を始めてから約3ヶ月 少しずつよくなってきました。 当院に来るまでは生理痛もひどかったそうですが、はり灸を始めてからとても楽になったそうです。           治療は生命力の強化。                                        これに尽きると思います。                                                当院は生命力の強化に力を入れて施術にあたっています。                                            この日は、他に肩こり、腰痛、不妊治療、足のむくみ、心臓からくる背中の痛み、腰椎椎間板ヘルニアなどたくさん来院されました。


ブラジル・サンパウロから研修に!

17・18・19日の3日間、南米ブラジル・サンパウロより研修に来られました。           ブラジルに住んで30年になると言われる日本の女性。                       鍼灸師。向こうは中医学で 少し治療法が違います。                          日本の伝統鍼灸が好まれるようです。                                 感覚もよく、良く覚えられます。                                   サンパウロでは、肩こり、腰痛が70%、残りの30%はうつ病とのこと。               熱い国でもうつ病は多いのですね


10月19日(土)

土曜日は、患者さんが多い日である。                                                                                                                            お仕事が休みのため来院しやすい。                                                                                                                                お仕事のお休みの時にわざわざおいでいただき嬉しいことである。                                                                    午前中のみの治療であるが、子供さんが3人でアトピー性皮膚炎が2人、ダウン症1人。        いずれも経過良好。                                                                                                                                                         股関節が痛い、肩こり、腰痛、顎関節痛、膝の痛み、かぜをひいてノドが痛い、鼻が出る、せきが出てこまる、カカトが痛い、一年ちかく来院しなかった腰痛患者さん、ほとんど動けなくなって何とかやってきた。 勿論帰るときはニコニコして「やっぱりここにお世話にならないといけないわ」と。             ブラジル・サンパウロからの研修生は、宮脇奇経治療を修得して帰国した。              また会える日を誓い合い握手して別れを惜しんだ。


10月20日(日)

朝11時から、横浜でセミナーを行った。 (一財)日本美容鍼灸マッサージ協会主催 よくわかる経絡治療・奇経治療アドバンスコースである。 今回で5年目になる。 上田美容鍼灸の上田隆勇先生に依頼され始めた。  上田先生は経絡治療をよくご存じで、体の中から治さないと本当に美しい顔にはならないと言われ、私の考えと一致。                                                     それから5年。                                                       優秀な経絡治療家がたくさん誕生!!(^^)!                                                                                                                        セミナー終了後の懇親会は会場近くの横浜中華街の美味しい(辛かった!)中華料理。                  これも最高の喜びである。


10月24日(木) 昼前より大雨

東北の水害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。 私も小さいころ、ジェーン台風にあい、佃の3丁目で水害にあいました。                                                                              長い間水が引かなかったことを今も覚えています。                                       雨の中をたくさんの患者さんに来ていただき有難うございます。                                 かぜをひいていた患者さんを、紹介したと思います。                                    前回の治療のあとだいぶよくなったので、辛い食べ物をたくさん食べたため、夜セキがでて眠れなかったとのこと。                                                           東洋医学では、肺は辛いをつかさどるとあります。                                     食べ過ぎにご注意を!                                                     鼠径ヘルニアには、奇経の陽維脉に陥谷ー合谷がよく効くようだ!!


10月25日(金)

今日も朝10時ごろから、お昼2時すぎごろまで大雨が降り、患者さんはたいへん だった。よく来ていただいたと感謝しております。                                         今日は、不眠についてお話しします。                                            東洋医学では、不眠は肝臓・肝経の働きの異常によっておこります。                                   肝臓は血(けつ、ちのこと)を蓄えていて昼の間全身に流して活動できるようにして くれています。    夜になると血液を肝臓に戻して、睡眠ができるようにしてくれています。                この肝臓の 働きがうまくいかなくなると、眠れなくなるのです。                                勿論、肝臓以外の臓器もバランスをくずして眠れなくなることもあります。                               一昨日の夜(水)NHKのためしてガッテンの番組で「不眠」について放送していまし たので一部参考にしてください。                                              入浴は寝る1時間30分前に入ってください。                                         お湯はぬるめで15分くらいはいる 。                                            ただし個人差があります。                                                     お風呂からでて体温がさがっていきますが、そのころ寝むくなってきますのですぐお 布団にはいってください。と言っていました。                                       参考にしてください。


10月26日(土)

やっと天気がよくなった。風もさわやかだ。                             何か月ぶりかに、マラソンを趣味にしている女性が来院してくれた。                       一応趣味と言ったが、セミプロである。                               次々に各地で行われる市民マラソン大会に出場。                          東京マラソンなどは招待されている。                               調子が悪くなるところはほぼいつも同じところである。                        最近スピードが出ないという。 それは腰が硬いからだと指導。                     午後、ある患者さんのお見舞いに行ってきた。                             大阪市内である。 せきがひどく、夜もあまり寝むれないそうだ。                                医師や看護師が回診にきて話したらセキが止まらなくなると家族の方が言われていた。          私と家内が行ったとき家族の方が真っ先に言われた。 しかし、私が声をかけて、脉を診て左の行間というツボをさわり、員鍼という刺さない鍼を2ミリ浮かして保持。                                                          次に右列缺にざん鍼を当てた。  治療はこれだけ。 私の気が患者さんに通じたようだ。                                帰る時、家族の方が、「ほとんど寝ていなかったのでお陰様で今眠りました。有難うございます。」と。  よかった。役に立って、うれしいと家内と話しながら帰ってきた。


10月27日(日)

さわやかな一日、日中は動くと暑く朝夕は肌寒い、やっと日本の秋が来ましたね。          

  今日も一万歩、歩いたお話です。 昨日はお見舞いに行って一万歩でしたので、ノルマ達成です。                        しかし、普段はこのようにうまくいきません。                           

 朝家を出て、治療室に行き、仕事が済んだら家に帰る。                          

 往復で3600歩。                                                

 運動不足。目が悪いので一人で歩くのは一苦労です。                        

 自宅は、西淀川の御幣島(みてじま)のマンション。                            

 ここから、JR御幣島駅まで歩いて13分。                                            大阪駅北側のよどばしカメラまで行きました。                                          買い物をして阪急三番街で牛タン定食を食べました。(おいしかったですよ)!(^^           

  阪急電車で十三へ。                                       

 喜八洲でみたらし団子を買い、二つ目の目的の買い物はシャッターが下りていてだめであった。                       十三商店街のなかのかしわ屋で明日のおかずを買ってマンションまで歩きました。                         十三から自宅まで4500歩、もっとあるのかと思っていたのですが期待外れでした。       

 (昔から遠いと思っていたのですが・・・。)                          

  それでもやっと1万200歩。ヤレヤレ ^^) _旦~~ )!


10月31日(木)

少し忙しくてブログが書けなかった。 その内容は、いろいろ、俗にいう公私ともに忙しかったということである。  

昨日、夕方から実技の勉強会があった。                            

 もう30年以上やっているが、いまだに勉強になる。有り難い。

 モデル患者になった人は、腰痛。                               

 二人目は左の背中の痛み。                                         

 三人目は首肩の凝りとのぼせ感。                                             四人目は腰痛と手のこわばり。                                               この手のこわばりが難症である、以前にもこの人はモデルになったがうまくいかなかった。                      しかし、昨日は症状を取ることができた。  自分が進歩したと自負している